写真 CPMAH706 写真 CPMAH706 Sample1 写真 CPMAH706 Sample2

CPMとはContinuous Passive Motionの略であり、関節可動域
リハビリ訓練に使用される装置です。

1.人に優しい形状。

・腰を曲げることなくボタン操作が可能。

・曲線を活かした優しいデザイン。

・握りやすく、片手操作が可能なリモコン。

2.操作性や治療効果を高める機能。

・医療スタッフの操作が最小限。

・使用域での速度変更が可能。
(痛い箇所ではゆっくり、痛くない箇所では速く)

・前腕の回内、回外を自然に促す握り手ボール形状。

・脇を開けた状態、閉めた状態等、肩の自由なアングルでの
使用が可能。

・見やすく大きなリモコン表示部。

・伸縮が容易なリモコンケーブル。

・患者さん自身のリモコン操作でスタート、ストップ、反転が可能。
(患者さんの頑張りと、治療効果のアップ)

3.低コスト。

・ローコスト、ハイパフォーマンスを実現。

■機能

・アームは90°、0°、-90°で自動反転

・スピード制御可能(9段階 可動域終末期における自動減速機能)

・トルク制御可能(2段階)

・タイマー機能

・手元スイッチに角度、残時間表示

・自動停止機能

・前腕の回内、回外が可能

■適応

・肩関節全般の術後

・肩関節拘縮、五十肩など

・肘関節の術後

・肘関節拘縮など

動画をご覧になりたい方は下の画像をクリックして下さい。
CPMの動画再生


SAKURAI SEIGI Co.,Ltd.
櫻井精技株式会社 ロゴ